『L'Ane〜moon #3 〜入国せよ〜』 | 中性的魅力【HELLO!!】

中性的魅力【HELLO!!】

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
LINKS
Photograph
RECOMMEND
15th L’Anniversary Live
15th L’Anniversary Live (JUGEMレビュー »)

ラルクアンシエル結成15年を記念した伝説のライブ。
あの感動を完全収録!!
CONTACT
SEARCH
<< 『L'Ane〜moon #2 〜オランダでの洗礼〜』 | main | 『L'Ane〜moon #4 〜ホテルを目指して・・・〜』 >>
『L'Ane〜moon #3 〜入国せよ〜』

「HELLO〜、magic-Tです。」

オランダでの洗礼後、のども渇いたので売店らしきところでミネラルウォーターを買おうということに。

うぉおおお!海外初買い物かぁ〜〜〜?!英語話せるのかぁ〜〜と、ちょいテンパリながら100均で買った英会話本を調べてたら、嫁がスタスタと売店へ・・・

遠目で見てたところ、無事購入できたようだった。

しばし搭乗ゲートが開くまで待つ
周りは外国人の方ばかり
関空からここまでは日本人もいたが、スキポールからヒースローまでは日本人はおろか、アジア系の方も見なくなった。

乗り継ぎの為の搭乗ゲートが開き、先ずは手荷物検査・・・
日本とは違い、もちろん全員外国人・・・
挙動不振な態度を見せたら、英語で質問されるかもしれない・・・
そんなことになったら最悪のスパイラルに陥りかねない・・・


靴を脱ぎ、携帯など金属関係を外し、とりあえず金属検査ゲートをくぐる。


問題なし・・・「ふぅ」


そして検査員のボディチェック
大柄な検査員が上半身、ズボンの両ポケットをチェックしたところで、検査員がなんか英語話しながらジェスチャーで服を脱げみたいな指示をしてきた・・・


(ええええぇえ〜〜〜俺何も持ってないよぉお〜〜〜!?)と思いつつも、ここで早く身の潔白を証明せねば予定どおりにいかなくなると思い、仕方なくズボンを脱ぎ始めたところ・・・



検査員:「NO〜、NO〜、NO〜!」(手を振りながら)



(え・・・。)



どうやら単に、何も入ってないか?ということだったみたい。

ちらりを周りを見たら検査員たちもにやついてやがるw
なんという羞恥プレイww
とりあえず、ボディチェック終了。。。

その後、飛行機までのバスに乗り込む。
小雨が降る中、飛行機までバスは移動。
結構遠い。。。
この飛行機かな?あの飛行機かな?と思いながら外を眺めていたら、ようやく到着。

同じくKLMオランダ航空の飛行機で、今回は数十名乗りのプロペラ機・・・
オランダ-ロンドン間って意外にローカル?
プロペラ機怖いな〜など感じつつ、ヒースローにむけて飛行機はテイクオフ
約1時間くらいのフライトでしたが、こんな軽食がでました。


まぁまぁってとこ


少しパサパサしてましたが、ヨーロッパらしくハード系な感じでなかなかのお味でした。

そして雨脚が強くなる中、機体を揺らしながら無事ヒースロー空港に到着・・・
ついにイギリス上陸〜♪

しかしここからが勝負・・・入国審査です。

もちろん別にやましいことなんてしてないので、普通に対応すればいいのですけど、入国審査官の質問は全て英語・・・
でもイギリスの入国審査は厳しいということも聞いていたので、かなりのプレッシャー><
あらかじめ質問される内容を旅行本を読んで、予習をしていたので大丈夫なはず・・・

入国手続きゲートに並び、先ずは私から行くことに・・・
入国審査官にパスポートを手渡す。


入国審査官:「hello」
magic-T:「ハ・・・ハロー」 (HELLO〜magic-Tです!なんてさすがに言えない。。。)
入国審査官:「Where are you from?」
magic-T:「アイム フロム ジャパン」
入国審査官:「What's the purpose of your visit?(訪問の目的は何ですか?)」
magic-T:「サイトシーン(観光です)」
入国審査官:「What is your occupation?(あなたの職業は何ですか?)」
magic-T:「オフィスワーカー(会社員です。)」
入国審査官:「×_?▼◎*@??」


へ・・・


なんか旅行本とかに載ってない単語で質問がきた・・・

入国審査官:「×_?▼◎*@??」

再度同じ質問がきた・・・
なんとなく単語的に具体的な仕事内容は何か質問されているような気がしたので

magic-T:「シ・・・システムエンジニアぁ」

・・・って回答したところ、なんとかOKだったww
まじであせったところで最後の質問


入国審査官:「How long are you going to stay?(何日間滞在する予定ですか?)」←たぶん


先ほどの質問でテンパってたせいか最後のstayしか聞き取れず、「どこに泊まりますか?」って質問されたと思って、あらかじめ旅行代理店から渡された旅行のしおりの滞在ホテルの住所を見せる。

審査官の方はどうやら私が質問を理解できてないと思ったのか、見せた旅行のしおりに記載してあった日程を見て滞在期間を理解してくれたらしく、結局通してくれた。

そしてスーツケースを受け取り、ようやくヒースロー空港に玄関ロビーにでることができたのでした。

・・・つづく

| magic-T | 『旅行』関連 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://larc-en.com/trackback/261