『野郎どもの狂宴 〜VAMPS Beauty and THE BEAST〜』 | 中性的魅力【HELLO!!】

中性的魅力【HELLO!!】

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
Photograph
RECOMMEND
15th L’Anniversary Live
15th L’Anniversary Live (JUGEMレビュー »)

ラルクアンシエル結成15年を記念した伝説のライブ。
あの感動を完全収録!!
CONTACT
SEARCH
<< 『VAMPARK 2010 de レアアイテムゲット♪』 | main | 『L'A HAPPY NEW YEAR! 〜20th L'Anniversary Starting Live〜』 >>
『野郎どもの狂宴 〜VAMPS Beauty and THE BEAST〜』

男共の狂宴へ行ってきました。



「ご無沙汰してますHELLO〜、magic-Tです。」



前回の記事から今までの間、色々とありましたが何かと忙しくブログを書く余裕というか、気力がでませんでした><



さて、今回の日記というのは今更ですが、先週12月5日(日)代々木競技場第一体育館で開催されました、VAMPSBeauty and THE BEASTのレポです。(レポというか感想かなw)



今回VAMPSのLIVEはVAMPS LIVE 2010 BEASTというタイトルなのですが、この日のみ(12月5日)のLIVEはBeauty and THE BEASTというタイトルで、その名のとおり・・・



美女野獣たちの狂宴



この日のLIVEは男性はアリーナ女性はスタンド席と完全に分かれており、つまりこの日のアリーナは野郎どもの肉と肉がぶつかり合う、とてつもないファンタスティックな夜でした。




そしてそしてこのような特別な日に、なんと私のチケット番号はA2ブロックの140番

A1がju-ken側、A3がKAZ側。

つまりA2はドセン・・・つまりHYDE様を中央で拝める幸運の番号だったのれすw




そしてさらに!




なんとこの日はHYDEさんが、ナウシカの如く野郎どもの上をBブロック付近まで歩くという、伝説を作る特別な日



このような日にドセンということで、かなりの確率でHYDE様にお触れすることできるまたとないチャンス!www



写真はなぜかBeauty用入り口・・・

※上の写真は女性専用入場口



このチケ運を逃してならぬと、開場ギリギリに食べたメンラーをゆっくりと味わう暇もなく、野郎ども専用の入り口付近へ行くと、いつもとは全く違う光景・・・

なんというか、花のない・・・・まさに野獣どもの汗と熱気に覆われた空間でした・・・。



そして開場時間の16時がきて、A1〜A3共通で番号が呼ばれ始め、野獣どもがアリーナへ駆け出していきました。



私も焦る気持ちを必死に抑えつつ、自分の番号が呼ばれるのしばらく待ち、そして自分の番号が呼ばれた瞬間、まさに野獣の如く走りましたε≡≡ヘ( ´Д`)ノ



とにかくドセン狙いということで、必死に走りなんとか中央かな??と思われるA1ブロックとA2ブロックを仕切っているポールを掴むことができました。



すると・・・目の前になぜかダ〇チ〇イフのゴム風船(*「´・∞・)www



しばらく会場の雰囲気やダ〇チ〇イフを眺めつつ開演時間を待っていると、次第に野郎どもの数が多くなっていきました。



案外、汗くさい感じもなくしばし時が過ぎ、開演時間の6分前の17時がくると、1人がダ〇チ〇イフを宙に投げると、あちこちでダ〇チ〇イフが宙に舞うすごい光景w



そして開演時間の17:06が来て美女と野獣の狂宴が始まりました。



この日のセットリストは以下のとおり

=====================================
01.DEVIL SIDE
02.REDRUM
03.DOLLY
04.THE PAST
05.RUMBLE
06.PIANO DUET
07.GET UP
08.VAMP ADDICTION
09.IT'S SAD
SE.SAMSARA
10.MY FIRST LAST
11.EUPHORIA
12.HUNTING
13.ANGEL TRIP
14.TROUBLE
15.HIDEAWAY
16.MIDNIGHT CELEBRATION
17.KYUKETSU

(アンコール)
18.REVOLUTION
19.MEMORIES
20.LOVE ADDICT
21.SEX BLOOD ROCK'N ROLL
=====================================



1曲目の「DEVIL SIDE」からダイブがありましたが、それを抜けば例の「HUNTING」までは意外に落ち着いた感じでLIVEを楽しめました。




そう・・・「HUNTING」までは・・・




HYDEさんがハイシカをする「HUNTING」の曲が始まり、HYDEさんが通るであろうと思われた場所を確保したつもりが、HYDEさんは少し右のほうへ向かいました・・・(´д`)




それを見た野郎どもは(私も含めw)、HYDEさんが通るであろう場所へ群がり始め、次第に大乱戦www




HYDEさんを支えるのは俺だ俺だと野獣どもがぶつかりあいましたw





WHERE'S MY LAMB!





野獣にとってこの日の生贄はスタンドにいる美女ではなく・・・






絶対、HYDE様でしたwww





とにかく私もHYDEさんを支えたいと思い、野獣どもの群れに飛び込みました。。。





Bブロックまでの行きは触れることができなかったものの、ステージへの帰り、HYDEさんが寝そべった形での状態で、なんと!






HYDEさんの御尻と御足を支えることができました!!イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!






HYDEさんのおしり・・・HYDEさんのおしり・・・HYDEさんのおしり・・・






とても良い感触でした・・・(〃▽〃)






・・・とこの記事を書きつつ、また興奮してしまいましたがw




「HUNTING」以降、アリーナは揉みくちゃ状態www

私も気がつけば最前から3列目くらいまできてましたw

いつもは周りに女性たちがいるので、あまり激しく踊り狂うことはできませんでしたが、この日は周りが男性ばかりなので、気兼ねなく激しく暴れ踊り、HYDE様への愛を叫ぶことができました。



アンコール以降、ダイブの嵐でしたが、危険というよりそれさえこの日は楽しく感じました。




LIVEが終了したあとも会場で、今までにないくらい清々しく心地よい・・・なんというか充実感にしばし浸ってました。




ラルクが復活するため、しばらくの間VAMPSとはお別れですが、首を洗って待ってますので、またBeauty and THE BEASTのような楽しいLIVEを心待ちにしております。




ありがとう!VAMPS!!





| magic-T | 『ラルク・ライブレポ』関連 | comments(3) | trackbacks(0) |
open-style (2010/12/15 11:58 PM)
そして、ありがとう「open-style」!
紫 (2011/02/19 7:02 PM)
うわお!
hyさんのお尻・・
私もこの日のみ参加でしたが、スタンド席の一番後ろからでも野獣の熱気は充分伝わりましたよん〜♪

遠征したかいがありまくりでしたね〜〜♪
自分の事のように嬉しいですわん☆
magic-T (2011/06/20 8:44 PM)
>紫さん
レスがたいへ〜〜〜〜ん遅くなって申し訳ないです^^;
おおっ!紫さんも参戦してたのですねw
あの野獣の狂宴は忘れられないです^^

hydeさんの御尻を触ったけど、これって痴漢になるのかなw









url: http://www.larc-en.com/trackback/245